2017年4月26日水曜日

漱石先生の事件簿 猫の巻

漱石先生の事件簿 猫の巻 柳 広司 ISBN4043829043 角川文庫

「吾輩は猫である」を、先生の書生の立場から描き、こまごまとした謎解きに仕立てた作品。 原作をもう一度読まないとよくわからないのかも。。 原作の最後の部分がすっきりした解決になってて嬉しい。

漱石先生の事件簿 猫の巻 (角川文庫)
柳 広司
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-11-25)
売り上げランキング: 124,299

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

寝ると記憶を失ってしまう少女探偵と、それを受け入れて思い続ける運の悪い男、隠舘厄介くんのお話。 西尾維新のラノベ原作のTVシリーズ。 170cm近い新垣結衣がちゃんと小さく見えるのは、岡田将生も180cmあるおかげか。 煽りを食らって、「ぬるくん」のジャニーズの子がすごく小さく見えて気の毒。 かなり頑張って作っていて、完成度も高いと思うのだけど、あんまり話題にならなかったのは なんでなんだ。

掟上今日子の備忘録 DVD-BOX
バップ (2016-05-25)
売り上げランキング: 9,712

2017年4月23日日曜日

究極のSF―13の解答

究極のSF―13の解答 Edward L. Ferman , Bary N. Malzberg 編 ISBN4488661017 創元SF文庫

原著は1974年刊。当時一流のSF作家に、その作家が得意なジャンルのお題を与えて短編を書かせ、 アンソロジーにするという趣向。 企画は面白いけど、必ずしも傑作が集まっている感じでもない。 いくら得意ジャンルとはいえ、注文通りに良いものがかけるわけではないということか。

究極のSF―13の解答 (創元SF文庫)
ジェイムズ,ジュニア ティプトリー フレデリック ポール ポール アンダースン キット リード ハーラン エリスン
東京創元社
売り上げランキング: 698,273

人工知能は敵か味方か

人工知能は敵か味方か ジョン・マルコフ ISBN4822251411 日経BP社

AI(人工知能)とIA(Intelligence Augmentation:知能強化)を対置して議論している。 価値判断をどこまで計算機に任せるか、という点がちがうということなのだろう。 結論としては、個々の研究者が意識してIAに寄せていくべき、という議論。

しかし、論旨の取りにくい本だ。。さまざまなエピソードが紹介されていて それらはそれぞれ面白いのだけど、全体として何が言いたいのか、整理されていない。 主題が難しいということなのかもしれないけど。。

人工知能は敵か味方か
ジョン・マルコフ
日経BP社
売り上げランキング: 372,221

2017年4月16日日曜日

非常識な建築業界 「どや建築」という病

非常識な建築業界 「どや建築」という病 森山 高至 ISBN4334039057 光文社新書

国立競技場騒動や豊洲騒動を引き起こしている「建築エコノミスト」森山氏による新書。 騒動はさておき、この本はとても面白かった。 後半はゼネコンの現状批判になっていて、こちらも興味深い。 「合理化」を推し進めた結果、教育システムが 機能しなくなって困っているのは、あちこちで共通して起こっている病理だ。

非常識な建築業界 「どや建築」という病 (光文社新書)
森山 高至
光文社 (2016-02-18)
売り上げランキング: 31,847

コマンドー

コマンドー

シュワちゃんのバカ映画。1985年。シュワちゃんも若くてお肌ツヤツヤ。 娘を誘拐されたシュワちゃんが周囲に甚大な巻き添え被害を出しながら敵を追い詰める。 惜しいのは悪役ベネットが全然強そうに見えないところだなあ。 アリッサ・ミラノが子役で出てる。

コマンドー(ディレクターズ・カット) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-10-12)
売り上げランキング: 2,843

2017年4月12日水曜日

輝天炎上

輝天炎上 海堂 尊 ISBN4041012317 角川文庫

桜宮サーガの一遍。「螺鈿迷宮」の続編という位置づけで、「ケルベロスの肖像」と同じ事件を別の 角度から語る。主人公は螺鈿迷宮の天満君。真面目な医学生に戻った天満くんは、 授業の課題レポートで調査するうちに再び碧翠院桜宮病院の因縁に巻き込まれる。

残念ながら「ケルベロス」が未読なので今ひとつわからないところがあったか。 「アリアドネ」もまだなので、そちらから読まないと。

輝天炎上 (角川文庫)
輝天炎上 (角川文庫)
posted with amazlet at 17.04.12
海堂 尊
KADOKAWA/角川書店 (2014-02-25)
売り上げランキング: 87,857

2017年4月9日日曜日

デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?

デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? 森 博嗣 ISBN406294037X

Wシリーズの4作目。 人間が人工細胞の導入によってほぼ不死になると同時に生殖能力を失い、 ウォーカロンという人間とほとんど区別のつかないアンドロイドと共存する世界。 チベットでアミラという人間の頭部をもした外殻を持つスーパーコンピュータが 発掘され、再起動されたのが前作。 本作では、トランスファーと呼ばれる分散知性体がウォーカロンを乗っ取ることができることが 明らかになる。アミラをベースとしたデボラというトランスファーが、 フランスの修道院で発見された稼働中のスーパーコンピュータ、ベルベットをベースとする トランスファーが、人類社会をシャットダウンすることを計画していると 警告。主人公ハギリと護衛のウグイらはベルベットをシャットダウンしようとするが、 反撃にあう。

単体としては割に単純なアクションモノとして読めるのだけど、 シリーズとしての話の方向性が見えない。どっちに行くのか。

デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (講談社タイガ)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 95,050